腸内環境 善玉菌 悪玉菌 セロトニン

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

腸内環境は大事

腸内環境

みなさんは、腸内環境のために何かしていらっしゃいますか。

腸内環境は整えるようなことをしないと、自然に整うようにならないものです。

腸内には、悪玉菌と善玉菌がいて、悪玉菌が優勢だと、腸内環境は悪いものとなってしまいます。

一方、善玉菌が優勢だと、腸内環境が整っている状態になります。

腸の働きが悪いと、ドロドロの血液ができてしまいます。

腸が汚れていると、老廃物が妨げとなり、代謝を促進するための栄養が十分に体に行き渡らないということになってしまいます。

腸の運動が停滞すると、本来、排泄されるべき不要な老廃物や毒素が長時間腸にいることになってしまいます。

すると、悪玉菌が増えてしまって、免疫力の低下の原因となってしまいます。

にきびや肌荒れも腸内環境が悪いとできやすくなってしまいます。

腸内でハッピーホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されているんです。

なので、腸内環境を整えるということは非常に大切なことだということが言えます。

セロトニンは精神に安定をもたらすものなので、是非、腸内環境を今一度、見直してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー