腹八分 食事 老化 寿命 美肌 内臓 健康

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

腹八分に医者いらず

腹八分

腹八分に医者いらず」という言葉を聞いたことはありませんか。

食べる時に腹八分目ぐらいにしておくと、健康にいいという意味です。

では、どのようないいことが起きるのでしょうか。

今回は、腹八分にするとどんな効果があるかみていきたいと思います。

カロリーを抑えると、サーチュイン遺伝子が活性化して、老化する原因を抑えて、体の様々な器官が若いままでいることができるそうです。

また、老化を促進する活性酸素の蓄積が予防されて、体が持つ自然治癒力が活性化するようになるそうです。

つまり、ほどほどに食べるようにすると、老化を予防することができるということになります。

そのほかには、腹八分に食事をすると、寿命がのびるという研究結果もあるそうです。

ほかには、お肌にもいいそうです。

食べすぎると、胃に血液が集中する時間が長くなるので、肌の付近を流れる血液量が不足して、肌は栄養不足をおこしやすくなってしまって、老廃物が溜まりやすくなるなってしまうそうです。

お肌のためにも腹八分ぐらいで食事を抑えておく方がよさそうです。

このほかに、内臓の負担も減らすことができるそうです。

このように食事を腹八分にするといいことづくしですので、是非、食事の時に気をつけてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー