舌 舌の状態 健康状態 健康

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

舌の状態で健康がわかる

健康

こ自分のってあんまり見たことないですよね。

舌はピンク色をしているのが健康な状態だそうです。

ところが、舌を見て、下記のような状態だと病気などが疑われるそうです。

舌に歯型がついている状態。

この状態の時は、慢性的な疲れ、風邪、アレルギー症状、冷え性などの症状が起りやすいといわれています。

ピンクより色あせていて、小さくなっている。

この時は、ダイエット中や貧血のときに見られやすい舌の状態で、不眠、肌のつやがない、めまい、貧血といった症状が出やすいといわれています。

苔が少なく、赤みが強く、乾燥し亀裂が入っている状態。

この時は、不眠や寝不足の人に多く見られるそうです。

舌の側面があかく分厚い

この時は、肝に熱があることを表しているそうです。

全体的に紫色、茶色い斑点や舌の裏の静脈怒張がみられる状態。

この時は、シミやくすみ、頭痛、肩こり、高血圧、高脂血症、狭心症、血行不良などである可能性があるそうです。

白いが厚くついている状態。

この時は、体に余分な水分や老廃物がたまっている状態だと思われます。

黄色い苔が厚くついている状態、

この時は、放置しておくと、体臭や口臭、足のむくみ、下痢・肛門の灼熱感、胃もたれ、頭重、だるさといった症状が悪化してしまいますので、注意が必要です。

これらのように、舌の状態によって、健康状態がわかります。

1度自分の舌を鏡で見て、どれにあてはまるか確認してみましょう。

あてはまる舌の状態であれば、健康状態を改善できるようにしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー