若年性更年期 更年期 過度なダイエット 症状

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

若くても起こり得る若年性更年期

更年期

更年期という言葉は聞いたことがある人が多いと思います。

更年期は閉経する10年前に起こるものとされていて、45歳くらいから起こると言われています。

ところがホルモンのバランスが崩れてしまって、20代や30代の人でも更年期が起こることがあるといわれています。

これを若年性更年期といいます。

若年性更年期になるとホルモンのバランスが崩れているということになりますので、20代や30代では起こることのないような症状が起こる可能性もあります。

更年期の症状としては、ほてり、冷え、突然の汗(ホットフラッシュ)、骨密度の減少、不安、鬱などがあるといわれています。

若年性更年期は、ストレス、無理なダイエット、過激な運動(体脂肪が極度に少ない)などが原因で起こるといわれています。

そのため、過度なダイエットなどをすると若年性更年期になる可能性が高くなってしまいます。

若年性更年期になるとホルモンのバランスが崩れてしまうので、太りやすい体質になってしまいます。

つまり、過度なダイエットをすることで若年性更年期になり、そのせいで太ってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があるということです。

過度なダイエットは控えるように心がけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー