赤ワイン ポリフェノール 抗酸化作用 レスベラトロール

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

赤ワインの様々な効果

赤ワイン

赤ワインが体にいいというのはよく知られていることだと思います。

赤ワインは1日1杯程度飲むのが理想的なようです。

赤ワインが体に良いことはよく知られていることだと思いますが、今回はそんな赤ワインの効能を詳しくみていきたいと思います。

赤ワインには、体をデトックスする働きがあるといわれていて、脂肪を排除してくれる効果があるといわれています。

赤ワインは、動脈硬化を予防する働きがあり、これにより認知症などを防ぐ効果があるとされています。

また、赤ワインには、歯の細菌の増殖を防ぐ効果があるといわれていて、歯周炎や喉の痛みなどに効果があるといわれています。

赤ワインに使われているぶどうに含まれているレスベラトロールには疲労を軽減する働きがあるといわれています。

さらに、赤ワインにはご存じの通り、ポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールには、コレステロールを低下させる働きがあるといわれていて、また、血栓を取り除く効果もあるといわれていますので、心臓の健康にもつながるとされています。

赤ワインには女性にはうれしい抗酸化作用があります。

赤ワインにはこのように様々な効能を期待することができますので、是非、赤ワインを毎日1杯飲んでみることをお勧めしたいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー