足のむくみ むくみ 血流 血行不良 水分 肝臓 腎臓

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

足がむくむのはどうして?

足のむくみ

足が夕方になると足がむくむという悩みのある方もいらっしゃると思います。

ずっと立ちっぱなしでいると、足がむくんだりすることがあると思います。

足がパンパンになると、自分の足でないような感覚に陥ってしまうことがあると思います。

どうして足がむくんでしまうのでしょうか。

むくみは血液の循環が関係しています。

血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目があります。

しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに戻って来るべき水分が溜まってしまう状態になるとむくんでしまうそうです。

そのため、水分や塩分の摂りすぎも脚がむくんでしまう原因といわれています。

むくみを防ぐためには、水分や塩分を摂りすぎないように気をつける必要があるようです。

そのほかには、血流がむくみには関係していますので、運動不足による冷え性や血行不良も考えられます。

血行不良になってしまうと血流の流れが悪くなってしまうので、足がむくんでしまう原因となってしまいます。

そのほかには、肝臓や腎臓が弱っている時も体の中の余計な水分が溜まりやすい状態にあり、むくみやすくなるといわれています。

そういったことからも、あまりにむくみがひどいような場合には、肝臓や腎臓が弱っているという可能性もあるということを考えた方がよいこともあるかもしれません。

いずれにしても、血流の流れをよくすることで、むくみを解消することができます。

適度な運動が必要ということみたいです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー