炭水化物 ダイエット 過度

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

過度な炭水化物ダイエットは危険

炭水化物ダイエット

炭水化物を抜くダイエットが一時期流行ったと思います。

ご飯やパンなど炭水化物を含んでいるものを食べないというダイエット方法です。

しかし、この炭水化物ダイエットをやり過ぎると危険なようです。

炭水化物は、三大栄養素「脂質・糖質・タンパク質」の「糖質」にあたります。

炭水化物を抜くということは三大栄養素の1つを抜くというわけですから危険だということがわかるかと思います。

摂取した炭水化物は、消化吸収によってブドウ糖などに分解され、肝臓や筋肉 にグリコーゲンとして貯えられたり、一部は血液中に血糖として入ります。

グ リコーゲンは、空腹時や運動時の血糖値を調整する働きをしています。

またブドウ糖は、脳や中枢神経系の唯一のエネルギー源でもあり、脳は1分間 に約100mgの割合でブドウ糖を消費していると言われています。

そのように炭水化物は体にとって必要な栄養素なのです。

炭水化物を過度に減らすと以下のような症状が現れてしまうことがあります。

  • 肝臓に貯えられた糖質が分解され、 肝臓機能が低下する
  • 体内タンパク質が分解され、疲労が たまりやすくなる
  • 体内のPHバランスが崩れて血液が酸 性に傾き、「ケトアシドーシス」という昏睡状態を引き起こす
  • 脳が栄養不足となるので、ボーッと したり集中力が続かなくなる

以上のように、炭水化物を減らしすぎると、体によくない影響を与えてしまうことになります。

炭水化物ダイエットをするなら少し炭水化物を減らすぐらいにおさえておく必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー