酸蝕歯 酸 酸性度 歯

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

酸が歯をダメにする

歯

が歯をダメにしてしまうことがわかりました。

口の中をずっと酸の状態にしておくのは良くないそうです。

酸を摂ることで、酸蝕歯(さんしょくし)という歯の病気になってしまうことがあるそうです。

酸蝕歯になると、歯が黄ばんだり、歯が欠けたり、知覚過敏を引き起こしたりするそうです。

これは虫歯と違って部分的に起こるのではなく、口の中に酸が広がるので歯の全体にこの病気になってしまうそうです。

歯の表面はエナメル質でできていて、その内側に象牙質があるそうです。

酸の影響でエナメル質が溶けると歯が欠けてしまう可能性があるそうです。

そして、象牙質が露出すると、歯が黄ばんでしまうようになってしまい、知覚過敏につながってしまうそうです。

これは、レモン、みかん、スポーツドリンク、酢などを摂るようになって起こった現象だといわれています。

この酸蝕歯は4人に1人なっているというからかなり身近な症状だということができます。

この症状を防ぐには、水やお茶を飲んで酸を薄める必要があるそうです。

酸性度の高い飲み物や食べ物を長時間口に入れないようにする必要があると思われます。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー