顔 たるみ 筋肉 紫外線 弾力 ハリ ターンオーバー

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

顔がたるんでしまう原因とは

顔のたるみが気になる女性

ふと鏡を見て、「私ってこんなに老けていたんだ」とか思うことはありませんか。

老けて見えてしまう原因として、顔のたるみがあります。

顔がたるんでいると、老けて見られてしまいがちです。

今回は、顔のたるみについてみていきたいと思います。

顔がたるんでしまう原因の1つに、紫外線があります。

紫外線というと、しみやそばかすなどのイメージが強いと思うのですが、実は顔のたるみにも関係しているんです。

紫外線による老化は、光老化と呼ばれていて、実は、お肌の老化の80%はこれが原因だといわれているそうです。

紫外線は、お肌に当たると活性酸素を生み出します。

そのことにより、お肌にハリがなくなってしまうそうです。

そして、顔がたるんでしまうというわけです。

そういったことからも、お肌に弾力がないと、顔がたるんでしまいます。

弾力のあるお肌になるようにスキンケアなどで努力する必要があります。

そのほかには、顔には筋肉があります。

この筋肉が衰えてしまうと、顔がたるんでしまう原因となってしまいます。

そのようにならないためにも、顔の筋肉を鍛える必要があると思われます。

ほかには、加齢によるターンオーバーの乱れも原因と考えられます。

ターンオーバーの乱れによって、お肌が乾燥してしまって、お肌に弾力がなくなるといったことが起こってしまいます。

このように、顔がたるむには原因があります。

このようなことにならないように、普段から気をつけるようにしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー