顔のたるみ 顔 たるみ ハリ 弾力

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

顔がたるんでしまう原因とは

ため息をつく女性

年齢を重ねると、顔のたるみが気になってくる方も多いと思います。

実は、顔のたるみは20代から始まっているといわれています。

では、なぜ顔がたるんでしまうのでしょうか。

顔がたるんでしまう原因をみていきたいと思います。

顔がたるんでしまう原因として、顔の筋肉の衰えが挙げられます。

顔を作っている筋肉が退化すると、皮膚がたるんでしまい、その結果、顔がたるんでしまうことになってしまいます。

また、皮膚の真皮層にやるコラーゲンやエラスチンなどが加齢で減少してしまいます。

その結果、お肌の弾力やハリが失われてしまって、顔がたるんでしまうことになってしまいます。

ほかには、紫外線もたるんでしまう原因の1つだといわれています。

紫外線によって生み出された体内の活性酸素は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊してしまい、その結果、顔に弾力やハリがなくなってしまうことになってしまいます。

お肌の乾燥もたるみの原因の1つです。

お肌が乾燥してしまうと、お肌のハリや弾力が失われてしまうので、顔にたるみが出てきてしまいます。

このように、顔がたるんでしまうには原因がありますので、これらを意識して、顔がたるんでしまわないようにしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー