顔のたるみ たるみ しわ 原因

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

顔のたるみが起こってしまう原因とは

たるみ

顔がたるんでいると、それだけで老けて見られてしまいますよね。

顔のたるみは20代でも起こるといわれています。

そんな顔のたるみになってしまう原因とはどのようなものなのでしょうか。

顔がたるんでしまう原因として、いくつかのことが考えられます。

顔がたるんでしまう大きな原因として、顔を作っている筋肉が老化してしまったことが考えられます。

顔を作っている筋肉が老化すると、顔の皮膚全体がたるんでしまって、顔のたるみにつながってしまうんです。

また、紫外線も顔がたるんでしまう原因の1つだといわれています。

紫外線によって体内の活性酸素が生み出されます。

活性酵素は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊して、皮膚の老化を早めてしまいます。

それにより、顔がたるんでしまうというわけです。

顔のたるみの原因として、乾燥もあるといわれています。

お肌が乾燥してしまうと、お肌のバリア機能が低下してしまい、お肌のハリや弾力が失われてしまい、その結果、しわやたるみの原因となってしまうといわれています。

そのほかには、パソコンや携帯電話などを長時間使う人も注意が必要です。

パソコンや携帯電話を使うときに、首の位置が前にずれてしまう可能性があり、そうすると、緊張した首の筋肉は顔の筋肉を下へ引っ張ろうとして、顔にしわやたるみができてしまうそうです。

これらのことに気をつけて、顔がたるむのを遅くするように心がけるようにしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー