食事 腹八分目 満腹 デメリット

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

食べるとき、腹八分目がいい?

食べている人

食べるとき、腹八分目がいいということをよく耳にしますよね。

満腹になってしまうより、腹八分目がいいそうです。

では、その理由をみていきたいと思います。

腹八分目にすると、老化を防ぐことができるそうです。

カロリーを制限するとサーチュイン遺伝子が活性化し、老化する原因を抑えてくれるそうです。

老化を促進する活性酸素の蓄積が予防できるので、老化を遅らせることができるようになります。

ほかには、美肌になるという効果もあるそうです。

満腹になると胃に血液が集中する時間が長くなってしまうので、肌の付近を流れる血液量が不足し、肌は栄養不足をおこしやすくしまって、老廃物が溜まりやすくなってしまうそうです。

なので、腹八分目にすると、それを防ぐこともできるので、美肌の効果も期待することができます。

そのほかには、内臓の負担が少なくなるそうです。

満腹になるまで食べると、食べたものを消化するのに、胃や小腸、大腸などをはじめとする消化器官にとても大きな負担をかけてしまうので、内臓に負担をかけることになってしまいます。

このように、満腹になると色々とデメリットがありますので、食べるときは腹八分目に抑えるようにしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー