エボラ出血熱の死者が7500人を超える

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

エボラ出血熱の死者が7500人を超える

  • 2014
  • エボラ出血熱の死者が7500人を超える はコメントを受け付けていません。

最近、ニュースで見聞きしなくなったものにエボラ出血熱があります。
ニュースで報道されなくなったので、沈静化したのかと思う節がありました。
ところが、エボラ出血熱は終息するどころか、
エボラ出血熱による死者は7500人を超える事態となっています。
また、感染者は2万人に近づいているそうです。

日本では一時期、エボラ出血熱の疑いがある人がいると何回かニュースになりましたが、
いずれもエボラ出血熱ではありませんでした。
そして、しばらくして、エボラ出血熱についてニュースで報道しなくなってしまいました。
ニュースで報道しなくなったので、
エボラ出血熱が終息したと思っている人も多いと思います。
しかし、世界ではそうではなくて、確実にエボラ出血熱の感染者および死者は増え続けています。

ニュースで報道しなくなってしまっては、
エボラ出血熱は終わったかと誤解を招いてしまうのではないでしょうか。
依然として、エボラ出血熱に対して危機感を持つ必要があります。
エボラ出血熱が発症していると思われるアフリカ諸国には、
極力渡航するのを引き続き控えるべきなのではないでしょうか。
また、アフリカ諸国以外にも、ヨーロッパやアメリカでもエボラ出血熱の感染者は出ています。
ヨーロッパやアメリカに渡航する際も、このことを考慮に入れるべきではないでしょうか。
日本人は危機感が薄いとよく思います。
海外に行く際は、いつエボラ出血熱に感染してもおかしくないと思う必要があるのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー