インターネットの広告の不思議

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

インターネットの広告の不思議

インターネットの広告について不思議に思ってしまいます。
広告というのは、インターネットサイトなどで表示される広告です。
自分が前日に見たようなサイトの内容に類似した広告が出ていることについてです。
自分が見た内容に反映されるような広告が出ることがとても不思議な気持ちになります。
たとえば、たまたま服について見ていたら、服の広告が反映されています。
いったいパソコンのプログラムはどうなっているのでしょうか。
不思議で仕方ありません。
興味があるであろうという広告が常に横や下にある状態になります。
一方で見方を変えると、怖いと思ってしまいます。
自分が見た内容がわかってしまっているということになるからです。
また、常日頃から興味を持っている内容の広告ならいいのですが、
本当にたまたま見ただけのものが広告として反映されていると、
それが次の日一日中広告としてつきまとうので、うっとおしいといったらありません。
本来興味がないような広告が表示されるのですから、
当然、興味を持つどころか、見たくもなくなってしまいます。

でも、数多くある中から、前日に見たものが反映されるとはすごい仕組みだと思うしかありません。
星の数ほど多くあるわけで、その中からその人が興味を持っているであろう広告が表示されるわけです。

この仕組みを考えた人はすごいとしか言いようがありません。
どうプログラミングされているのだろうと不思議でありません。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー